ギャラリー猫町

開催中/今後のスケジュール


●ナイトギャラリーの開催について
遅い時間帯に来廊されるお客様が少ないため、当分の間ナイトギャラリーの開催はございません。
これから夏に向けて日が長くなる季節、開催の場合には改めてお知らせいたします。


●ギャラリー猫町では引き続き下記の感染拡大防止策を行って営業いたしますので、ご協力をお願いいたします。
1.スタッフはマスクを着用します。
2.入館時の手指の消毒、マスクの着用にご協力ください。
3.熱のある方、体調が優れない方の入館はご遠慮ください。
2.靴を脱いで上がっていただきますので、靴下着用を推奨(共用スリッパ・使い捨てスリッパの用意がございます)
4.混雑時には入館を制限をさせていただく場合がございます。


松風直美個展「路地裏のニーナ」
2024年5月16日(木)〜5月26日(日)
*5/20,21,22休廊(最終日17時終了)

松風直美個展「路地裏のニーナ」

 路地裏のちいさな家で生まれた猫、ニーナやその家族のしあわせの日常を、切り絵やペン画で描いてみようと思っています。
在廊中は切り絵カードのオーダー制作や、公開制作も行う予定です。
*作家在廊予定日:5/16(木)〜19(日),24(金)〜26(日)


企画グループ展「猫町文庫vol5」
2024年5月16日(木)〜5月26日(日)
*5/20,21,22休廊(最終日17時終了)

企画グループ展「猫町文庫vol5」

アーティストがおすすめの文庫本を選び、その本にちなんだ作品を展示。猫のアートと文庫本、組合せの妙をお楽しみください。
千駄木往来堂書店さんにご協力いただき、現在書店で入手可能な書籍については会場で作品と並べて販売いたします。
*会期前半5/16〜19の4日間、一部作家の作品についてはお申込み制(ご希望が重なった 場合は抽選)になります。先着順の販売はございません。作品のお渡しは会期終了後に なりますので、あらかじめご了承ください(グッズと書籍は除く)
【出展作家】天野千恵美、ariari、安藤友香、おおやぎえいこ、小澤康麿、春日 粧、元祖ふとねこ堂、木村友紀、桐山 暁、小出信久、小紅、櫻井魔己子、樹乃かに、松風直美、高橋理佐、ぬくふく*momoCa、服部京子、平林義教・利依子、松本浩子、marugo、村上志保(50音順敬称略)


「六十路通過道中」出版記念
岩渕俊彦版画展ー消しゴムはんこと銅版画ー
2024年5月30日(木)〜6月9日(日)
*6/3,4,5休廊(最終日17時終了)

「六十路通過道中」出版記念 岩渕俊彦版画展ー消しゴムはんこと銅版画ー

 群ようこさんのウェブ連載エッセイ「六十路通過道中」がこの度書籍化されました。各回に添えた消しゴムはんこによるイラストの原画を全て展示。あわせて近作の銅版画も展示します。
ねこはんこをつける楽しいコーナーも!
書籍の販売もございます。
*作家在廊予定日:6/8(土),9(日)


吾輩はMONEY=KEY(まねき)猫である
大正・昭和の猫プロダクトデザイナー河村目呂二
2024年6月13日(木)〜6月23日(日)
*6/17,18,19休廊(最終日17時終了)

吾輩はMONEY=KEY(まねき)猫である 大正・昭和の猫プロダクトデザイナー河村目呂二

日本最初の創作招き猫「マネーキー」は、大正から昭和にかけて「ねこの先生」と親しまれた芸術家・河村目呂二によって誕生しました。今年はマネーキーが生まれた1924年から数えて100周年となります。マネーキーにはその前年1923年に発災した関東大震災復興への願いが込められていました。今回の展示は、マルチに活動していた河村目呂二の「猫プロダクトデザイナー」としての仕事を中心にご紹介します。彫刻、絵画など芸術家としての力量はもちろん、デザイナーとしてのセンス、マーケッターとしての優れた時代感覚、何よりも猫と人に寄せる深い愛情を感じていただければ幸いです。
*新作グッズや改訂版書籍「ねこの先生 河村目呂二」も発表予定


天野千恵美個展「たったひとつの。」
2024年6月13日(木)〜6月23日(日)
*6/17,18,19休廊(最終日17時終了)

天野千恵美個展「たったひとつの。」

猫それぞれに与えられた名前は愛された証し。
今回、作品の猫達に名前を付けます。植物的、鉱物的、海の生き物的をイメージして、それぞれにたったひとつの名前を。
*作家在廊予定日:
6月13、14、15、16/6月22、23
*混雑を避けるため会期前半6/13〜16の4日間、作品のご購入はお申込み制(ご希望が重なった 場合は抽選)になります。先着順の販売はございません。
作品のお渡しは会期終了後に なりますので、あらかじめご了承ください。